ホーム > 産業用太陽光発電について

産業用太陽光発電とは

太陽光発電はいまがチャンス!

太陽光発電は、環境の保護保全に役立つだけでなく、経済的なメリットも見込める投資価値の高い商品です。国が太陽光発電の利用促進の支援をするため、太陽光発電等でつくられた電力を一定期間・固定価格で電力会社が買い取る制度(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)も行われていて、新たな投資手段として確立されています。

固定価格買取制度(全量買取制度)とは

固定価値買取制度(全量買取制度)とは、国が太陽光発電等の再生可能エネルギーで発電された電気を、電力会社が一定期間、一定価格で買取ることを約束する制度です。
従来の余剰電力買取制度とは異なり、発電した電力を全て売電に回すことができるようになりました。太陽光発電を設置する企業様にとって、導入コストの回収もより早く見込めるようになります。(全量買取制度によるコスト削減比は、設置規模(10kW以上)や設置条件によって異なります)

太陽光発電で安心の固定価格買取制度
買取価格や期間 平成29年度
調達区分 調達価格(1KWh当たり) 調達期間
10KW以上 21円+税 20年間
10KW未満
(余剰買取)
出力制御対応機器設置義務なし:28
出力制御対応機器設置義務あり:30
10年間
10KW未満
(ダブル発電・余剰買取)
出力制御対応機器設置義務なし:25
出力制御対応機器設置義務あり:27

産業用太陽光発電導入による多様なメリット

  • 休閑地や屋上などの空きスペースが収入源に 太陽光発電導入のメリットはたとえ小規模な場所でも、屋根・空き地・屋上などの空きスペースがあれば、住宅と同じように太陽光発電ができる事です。それまで活用されず遊休地だった場所が、売電によって収入源となるチャンスです。さらにメガソーラーなどの事業用発電設備を導入すれば、新たな事業として経営力向上につながります。
    太陽光発電は空きスペースを収入源にするメリット
  • システム独自で発電できる仕組み 太陽光発電は、太陽さえ出ていれば発電が可能なので、地震など災害時・停電時において重要な緊急電力を確保することができます。また、避難場所として機能することで自社スタッフや地域住民を守り、テレビ・ラジオからの情報発信などによって災害時の復興拠点として活用することができます。
    独自発電で緊急用電力を確保
  • 企業価値のさらなる向上へ 太陽光発電は環境への取り組みを目に見える形で伝えられるため、対外的に環境貢献をPRできます。
    企業の姿勢を環境マネジメントシステム(EMS)の象徴として社会に明示できるだけでなく、従業員の環境意識向上にも働きかけることができます。
    環境への取り組み、企業価値向上
  • 産業用太陽光発電とは
  • 補助金制度について
  • よくあるご質問
リアルヴィジョンへのご相談・お問い合わせ
  • お電話はこちら
  • メールでのお問い合わせ
【本 社】〒132-0014
東京都江戸川区東瑞江3-16-9
グリーン・エクレール1階
[TEL] 03-6663-8927
[FAX] 03-6663-8928

【日本橋オフィス】〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町13-5
アソルティ日本橋小伝馬町9階
[TEL] 03-6231-1077
[FAX] 03-6231-1088